注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。
このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、
各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。→連絡先

カナダ・ブログ

カナダに関連するブロガー集まれ!!
カナダ・ブログに登録して、自慢のブログを紹介しませんか?
共通の話題で新しい出会いがあるかも?

No.225

もれなく ”えみ” がついてくる♪

byともこfromその他地域/ブリティッシュ コロンビア
カナダでABAセラピストのともこです。

不安障害や、発達障害、ダウン症、どんなスペシャルニーズでも
幸せに、楽しく生きる!

ともこの歴史、療育、思考の現実化、なんでも書いてます。
ありの〜 ままで〜 2019-03-22 08:08:45

学校に行きたくない

または行けない状況を

 

”不”登校

 

試験にパスしなければ

 

”不”合格

 

出来の良くない製品を

 

”不”良品

 

良い行いをしない人を

 

”不”良

 

とまで言っちゃう

 

 

”登校”  と ”不登校”

 

”合格”  と ”不合格”

 

”製品”  と ”不良品”

 

 

結局、ただ二つの違う状況を表す言葉だけど

 

”不” が着くと悪い物(事)というイメージができてしまう。

 

 

”善”  と ”悪”

 

 

みたいになってしまう。

 

 

 

で面白いのが

 

 

カナダでも

 

学校に行きたくない子

行けない子

 

というのはいるわけで

 

 

 

登校する子

A student who goes to school

 

登校しない子

A student who doesn't go to school

 

 

状況を説明する形になる

 

不登校 とか 不登校児

 

という言葉がなくて

 

 

別に学校行けなくてもいいんじゃない的な

 

雰囲気が漂っている

 

 

学校に行かないという選択をする生徒や家庭があって

 

家でホームスクールと言ってオンラインで

 

勉強したり

 

 

なんらかの理由で

学校と合わなかった

いじめにあった子が

行く分校みたいなのもある

 

 

近年、アナ雪で

”ありのままで”という主題歌が

すごくヒットしたけれど

 

主題歌の英語のタイトルは

 

”Let it go"  (レット イット ゴー)

 

 

これを ”ありのままで” と訳した方に

全く文句はないですが、

(歌にするとその方がすごくゴロがあって、雰囲気としては

説明できているし)

 

でも本当の意味は、

 

”手放す”

 

という事

 

 

大人になって

 

正しい、正しくない

得する、損する

するべき、しないべき

 

 

で生きていると

 

 

この ”手放す” ほど難しいことはないと思う。

 

 

そういうともこ自身も、手放せずに苦しむことが

今までたくさんあったし、今でも意識していないと

ガーッとしがみついている

手放すものかーっ ( ̄~ ̄;)

 

 

親としては、学校に行って欲しい

 

学校に行かない、行けないという選択を

 

”不”登校と言って

 

”悪”のイメージにすると

 

”行って欲しい” にしがみつくけど

 

 

学校に行かない選択をしていて

それでも大丈夫 と思えば

 

”手放す” ことができる

 

 

今まで 正しいと信じてきたものを

 

”手放す”

 

今まで するべきと信じていた事を

 

”手放す”

 

 

これって

 

怖い (ノω・、) ウゥ・・・

 

 

でも手放すんだ〜

 

で、

 

手放してみると

 

あれっ大丈夫だった

 

って気づく

 

 

カナダに住んでいて

 

〇〇で苦しい〜

 

△△で悩んでる〜

 

というと

 

”レット イット ゴー” p|  ̄∀ ̄ |q

 

とよく言われます。

 

 

結局 大丈夫!って事なんだなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

No.224

海外大卒の元NEETのカナダ生活

bySeiwa Yanagifromトロント/オンタリオ
日本生まれ日本育ち。母語の日本語以外に英語、中国語、スペイン語、フランス語を話す。カナダの名門4年制大学で国際関係学、政治学、環境学を学んで成績優秀で卒業。国際活動、留学生サポートなどの活躍が認められ留学生功労賞などを受賞。将来は心配する必要がないと周りは言った。しかしながら卒業後は挫折し人生最大の壁にぶつかる。カナダで1年間NEET、一時期はホームレスという転落人生を経験。今はトロントで新しい語学学校の運営マネージャーをする傍ら、YouTuber、モデル、フリーランスで写真家などの活動をしている。こ
自分、高校赤点でカナダの名門大学に入りました。。。 2019-03-12 07:58:56


みなさん、友達とか知り合いが海外の大学でフルタイムの生徒として留学してるって聞くと「頭いい!」「うらやましい」と思いませんか?

いやいや、ぶっちゃけ言いますけど誰でも簡単に海外の名門大学の入学許可取れますよ!ていうか高校の成績表に赤点がたくさんついてても入れます。

噓でしょ?本当です。自分がそうでしたからです。はい、偏差値が少し高いくらいの日本の公立高校の普通科を赤点で卒業しましたがカナダの名門大学の入学許可を余裕でもらいました。恥ずかしかったので今まで優等生ぶって友達にも親にも成績表を見せずに隠してましたけど、、、

日本の受験で大切な高3の2学期、自分の成績表には数学、生物、古典に赤点がついていました。成績がダントツよかったのは英語だけで赤点を取っていなかった科目でも成績は普通、又はそれ以下でした。

高校時代は練習時間が半端なく長いサッカー部の練習や試合に時間を取られながらも勉強は頑張っていたつもりでした。でも結果がついてきませんでした。

高3の時にはもうすでに海外の大学に、しかも誰もが知る名門大学に進学するということを決めていたのでこんな成績で入学許可を出してくれる大学があるのかってとても不安になりました。

不安を隠せないまま都内で行われたいくつかの海外大学セミナーに参加し、数々の大学の担当者と話をしました。高校の中途成績も見せ入学できる可能性があるのかも口頭で教えてもらいました。やはり答えは「赤点の科目の成績をもっと上げたほうがいい。全体の成績に大きく影響している。」というものでした。

無理かなと思いましたがとりあえず当時の留学先第一希望イギリスの9校、オーストラリア2校、カナダ5校に出願書類を送りました。

驚くことに結果はイギリスとオーストラリアの志望校全校、カナダの5校中2校から入学許可証を受け取りました。結果論ですが一部を除き海外の名門大学には赤点でも簡単に入れます。まあ、教育レベルの高さと安定を維持しているカナダはちょっと難しかったけど。

なぜこのような結果になったのか?まず初めに今の時代の英語圏の大学教育はとても儲かるビジネスです。留学するのが当たり前になった今、英語圏の大学に進学希望の留学生が急増しています。そのうえ留学生の授業料は現地の生徒の2倍以上です。だったら赤点の留学生でも積極的に受け入れますよね。いいお金になるじゃないですか。笑 実際必要書類提出しなくてもお金だけで名門大学に通ってる生徒もいるくらいですから。そういう生徒ってたいてい1年とか2年で退学するんで大学にとってより都合がいいじゃないですか?学位渡さずに授業料も返さずに留学生の循環も速くできますからね。どんどんお金が入ってきますよ。経営難に陥っている大学もこうやって入学基準を満たしていない留学生を積極的に受け入れる傾向にあります。

もう一つ、自分に限ったことかもしれませんが、自分は英語の成績はめちゃめちゃよかったので英語力証明で大学入学基準スコアを余裕で越えていたから赤点でマイナスになった分をカバーできたのかもしれません。事実は知りませんけど。

だから友達とか知り合いが海外の名門大学で留学しているからって彼らが雲の上の存在とか、赤点ばっかとってきた自分が無力とか決して思わないでください。海外の大学に通うことって皆さんが思うほどすごいこととか手が届かないということではないので。海外の大学を卒業するということはまあまあすごいことかもしれませんが、、、

でも赤点の自分でも海外の名門大学に入れる可能性があると知ったからってまだ安心はしないでください。皆さんご存知の通り海外の大学って入るのは簡単、出るのが難しいものです。特に赤点であまり勉強してなかった方々、大学に入ってからが勝負です。実際勉強する意欲が低く、インターナショナルスクールとか特別な教育を受けていたわけでもなかった自分は1年次と2年次めちゃめちゃ苦労しました。だからそこだけは覚悟してください。

まとめですが、海外の名門大学に通っているのがすごいこととか尊敬できることっていうのは現代メディアの思わせです。人々に輝かしい夢を幻想させることで客を集めお金を稼ぐのが留学斡旋会社とか学校のビジネスなので。

もし自分みたいの赤点取ってたり頭悪いと思っているけど海外の大学に行きたいと思っている方々、心配しないでください。海外の大学には余裕で進学できます。でも莫大な授業料を払ってまで行く価値があるのか、入ってからついていけるのかといったことをしっかりと考えてから慎重な決断してください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。それでは次のブログも楽しみにしてください!

No.222

日本人留学生による留学生の為の留学生ブログ

byYUTAROfromバンクーバー/ブリティッシュ コロンビア
とある事をきっかけに海外での大学進学を決意。
現在バンクーバーで語学学校に通い大学進学の準備をしています。
そんな留学生の日常を書いています。
趣味は写真、サッカー、欅坂46です。
一緒に写真を撮ってくれる方募集中です!
またサッカーではバルセロナのファンです。
失敗を恐れる僕。 2019-02-11 12:00:00

 

まだまだ失敗を恐れる僕。

 

 

 

僕の一番嫌いな事。

 

 

それは

 

 

失敗する事です。

 

 

 

失敗したり、間違えたりすることが大嫌いです。

ましてや自分の意見を否定される事も嫌います。

 

 

ある日僕は

学校の宿題でこんなものを読みました。

 

 

”The 13 principle of study skills”

学力向上の為の13の原則といったところでしょうか。

 

 

 

これの10原則目がこんな題名でした。

 

 

 

”Do not fear mistakes”

 

 

 

失敗を恐れるなです。

 

 

 

導入の部分を少し訳すと、、、

 

間違いはあなたの一番の先生である。間違いなくしては、

どの様に向上し改善できるかといったいかなる情報も手に入れる事は出来ない。

 

 

 

さらにステップが4つ。

 

 

①行動し間違えろ

②結果を見直し、なぜ間違えたか考えろ

③どうすれば良くなるか考えろ

④また①から繰り返せ

 

 

 

さらに最後には間違いこそ成功への道しるべと書いてありました。

 

 

 

2回の大学受験を失敗してもう怖いものはないと思っていた僕。

しかし実際海外に来てみると怖いものだらけです。

はじめはコンビニで飲み物を買うことさえ怖かった。

 

 

でも行動を起こし、間違えて初めて正解を手に入れられるのです。

 

 

自分でアクションを起こさないと誰も気づいてくれないし、助けてくれません。

海外はそういうところです。

 

 

ただアクションさえ起こせばみんなが助けてくれます。

誰も失敗を責めたり、ばかにしたりしません。

 

 

みなさんも1日に一つでも勇気を出してアクションを起こしてみてください。

一緒に頑張っていきましょう!!

 

では今日はこの辺で。 ばいちゃ!!

No.221

let's play poker! ◆カジノ好き女子がカナダでワーホリするブログ

bykankan(れあ)fromバンクーバー/ブリティッシュ コロンビア
語学留学・ワーキングホリデーについて、カジノ好きの女子がゆるーく日記を更新していきます(^^)♪
留学準備④-1 :出発前の『英語の勉強法』ご紹介! 2019-02-08 06:10:00


そもそも英語の習得が目的なので、重要なところですよね!

留学前の日本で、楽しく続けられる勉強法をご紹介します。


参考になれば嬉しいです♪




※長くなってしまったので3記事に分けました。

この記事は「英語の勉強法」の1つめになります。


- もくじ -

◆はじめに  この記事で紹介 
◆毎日やり続けた2つの事(リーディング、暗記) 
この記事で紹介
◆たまにやったこと(スピーキング、リスニング)
◆趣味×英語(リスニング、リーディング)
◆隙間時間に(リスニング、暗記)
◆出発前3ヶ月からやったこと(ライティング)
◆挫折しそうになったら...






◆ は じ め に 


勉強法の紹介をする前に、

そもそもスタート時(1年前)の私の英語力はどれくらいだったのかというと、


高校3年生で必死に大学受験の勉強をしたくらいで、

TOEICでいうとまさに大学生の平均くらいです。。

ちなみに理系だったので、英語の勉強は嫌いでした(><)



昔フィジーに1ヶ月だけ留学したことがありますが、

ほぼバカンス状態だったので特に英語力は変わらず


ポーカーの仕事で外国の方とお話する機会が何度かありましたが、

なんせテスト用の英語しかやっていないので

自分の言いたいことが全然伝えられなくってもどかしい・・・・・(;;)


という状態でした!



この記事では留学前の勉強法についてご紹介しますが、

家にいてひとりでも出来る様な勉強法に重きを置いています。


留学して、せっかく英語圏で生活しているのに、

家にこもって日本でもできる勉強ばかりするのはもったいないですからね!



     留学前にインプット、

    現地でアウトプット作戦です!笑





◆毎日やり続けた2つの事 (リーディング、暗記)


① エッセイを読む!


ネット上で無料で読めるエッセイを毎日1つ読み続けました!


「言語習得は筋トレのようなものだ!」


と、どこかで聞いたことがありますが、

確かに毎日やることで着実に慣れていくのでコツコツがんばりました。

近 道 な ん て な い !!!という体育会系のノリで。笑




私が毎日利用していたのは、the japan times Alpha (元 the japan times ST)のEssayです。

記事の長さもちょうどいいし、内容も興味持って読むことができます。

しかも日本語訳がついているのでめちゃくちゃちょうど良かったです!

ほぼ全記事読みました!!笑


あとは、カナダの情報サイトdaily hive)とかもたまに見てました!

ただ英語のみなので分からない文があったときはもどかしかったw




似たようなサイトはたくさんあるので、ぜひ自分に合ったものを探してみてください。




② 単語と文章を覚える


ありがちな勉強ですが、

わたしの場合は単語帳・ノート・ペンなどは一切利用していません!


じゃあどこに書いてある単語を覚えたのかというと、

さきほど説明したようなエッセイを読むと

知らない単語が出てきますよね?

それをいちいち全部Googleスプレッドシートに書き留めていました。


Googleスプレッドシートというのはエクセルのようなもので、アカウントを作ればだれでも利用できます。



11


(▲オリジナルなので、品詞が違う等あると思いますがご勘弁ください・・・笑)





そして、覚え方ですが、


1日目英単語の列の文字を白に変更して、隠します。

そしてだいたい10~20の英単語を入力しながら暗記していきます×2回


2日目日本語訳の列の文字を白に変更して、隠します。

そして今度は1日目で覚えた英単語10~20の日本語訳を入力していきます×2回


3日目はまた英単語の列の文字を白に変更して、隠します。

暗記した10~20の英単語を入力していきます。×2回



12

(最初の3列を固定して横にスクロールすれば、1日目、2日目に書いた単語も隠せます!)


1日目は全然覚えられなくて、毎回絶望するんですけど、(笑)

3日間も触れていると大体覚えられます!


最初の頃は、「単語のみ」を覚えていましたが、

数ヶ月して慣れてきた頃には「単語+例文」として覚えるようになり、

最近では、もはや「気になった文や言い回し」そのものを覚えるようになりました。



1-3

(▲もうカオス。)



自分のオリジナルノートなので、

自由にできて良い感じです!




毎日やるとか言ってますが、もちろんサボってますので

だいたい月に200~300単語覚えることになります!笑


つまり1年も経てば2400~3600語も覚えられるということ!!


ちなみに

高校卒業時にだいたい3000語くらい覚えているそうなので、

単語だけでいえば、

必要単語数が5500 〜7000と言われているTOEIC700点くらいのレベルになれます!


TOEICは、

990満点中、平均がだいたい500~600点なので、

700点とれたら結構自慢できますね





さきほども言いましたが、

しんどかったらサボってもいいし、3単語だけでもいいです


数ヶ月経って覚えたはずの単語を忘れてしまっていても、

「あれ?なんかこの単語みたことあるな」

って思えれば意味があるとおもいます。


0よりは確実に進んでいるんだと自分を励まして

無理のない範囲で習慣付けるのがコツです!




- もくじ -

◆はじめに 
◆毎日やり続けた2つの事(リーディング、暗記 
◆たまにやったこと(スピーキング、リスニング)<<NEXT 
◆趣味×英語(リスニング、リーディング) <<NEXT

◆隙間時間に(リスニング、暗記)
◆出発前3ヶ月からやったこと(ライティング)
◆挫折しそうになったら...










No.220

バンクーバー グルメ

byMogu fromバンクーバー/ブリティッシュ コロンビア
古い5件を表示 新しい5件を表示
タイトルを →No順に表示  →更新時間順に表示