注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。
このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、
各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。→連絡先

カナダ・ブログ

カナダに関連するブロガー集まれ!!
カナダ・ブログに登録して、自慢のブログを紹介しませんか?
共通の話題で新しい出会いがあるかも?

No.259

魚紳士の子供を作る会

byわしじゃけど
カナダ生活、主にアウトドアを楽しみたい方への有益情報。
ブログを更新する
私を氷河に連れてって、3日目。 2022-05-01 02:47:42 わしじゃけど。





朝起きたら、外には15センチほど雪が積もってた。





やっぱり小屋に泊まって正解!





昨日は、あまり注意して山小屋の中を見てなかったが、




よく見ると、




IMG_0596

WiFiはないが、

携帯の充電器。









他には、大きな写真があって、





この小屋を作るのに協力した人たちかな?



IMG_0597

けっこう若いな。








と思って、説明文読んだら、






このSpearHead Traverseの途中で亡くなった人たちじゃった。





その人たちの遺族が寄付して、





今から2年前にこのHutができたのじゃ。





ふと、後ろからJちゃんが、





「そうなのよ、このBCって結構、死人が出てるのよねぇ~。」





それ、行く前に言ってよね。





どおりで、けっこう激しいと思ったよ。





まぁ、ここからはスキー場に向かっていくだけで、





大きな氷河もないし、崖もないので大丈夫か?





スキー場近くは良く知った地形なので、





わしがリードしようとしたが、






試験のことを考えて、Jちゃんがリードすることに。





ここからは、左に回っていけば、スキー場の所に出るな。





「Jちゃんそこの樹を左ね。」






って、あれ?




IMG_0601


ぐんぐん樹に向かっていく。







そこを左。。。あれ?





IMG_0607右に行って、



何故か山頂を目指してる?






ひ、左だよ。 と何度かJちゃんと地図を確認したが、





なぜか右に行くJちゃん。





昨日、ウィスキー飲みすぎたか?





とうとう、山頂付近まで来ちゃった。





スキー場に帰りたいんじゃけど。。。





どうやら、山頂からじゃないと






スキー場に帰れないと勘違いしてたJちゃん。





いや~、氷河も何もなくてよかった。




IMG_0648


スキー場はあの山の稜線の向こう!!







もう、足がぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!





限界近い。





IMG_0614

何とかスキー場に入ってきた。








が、すでにウィスラー側は営業停止しているため、





Avalanche Control(雪崩の防止作業)してないので、





いたるところに雪崩の痕跡が。。。





ここまでくれば、携帯つながるし何とかなる!





完全に助けられる気満々。





小鹿のように震える足で、


IMG_0619

セメントみたいな雪を滑る。







しかし、スキー場内にいるという安心感。





リフト代金が高いとか言ってるやつに言いたい。






金で解決できることは、良いことだ。






その後は、誰もいないスキー場を貸し切り状態で





滑ってく。




IMG_0624


来週からマウンテンバイクの




コースに作り替えるために除雪中。







こんな雪があったら、間に合わんじゃろ?





予想通り、OPENは1週間伸びた。






何はともあれ、無事に帰ってきた。







帰ってきてから、シャワーを浴びたら、







痛ってぇ~!!






唇がタラコのように腫れてた。





あと、耳たぶも。





強烈な日焼けが原因じゃ。






それと、体力を振り絞ったおかげか?




わしは3キロやせた。




Jちゃんは体重変わらないとか言ってた。




すごいよ、Jちゃん。




その後、SNSとかに写真をUPしたら、




同僚とかから、おれもBC行きたい!




一緒に行こう! とか言われたが、





もう、今シーズンは無理じゃ。





しばらくは、スキー場の整備されたコースを





ゆるゆると滑って、





UNKしたいときに、





トイレにすぐさま駆け込みたい。 





私を氷河に連れてって、2日目 2022-04-30 12:27:38 わしじゃけど。




待ちに待った、朝が来た!




一睡もできなかったと思ったが、




隣のテントで寝てたJちゃんが、




「心配してたけど、すぐにいびきが聞こえたから、




大丈夫だと思ったよ。」





って、わし寝てたん?




意外にも、寒さに強いらしい。




出発の準備してたら、何やら濡れた感覚が。。。




振り返ると、水筒に入れてたお茶がこぼれとる!




鬱だ。




Jちゃんに、「ごめん、衛星トランシーバーでSOS発信して。




もう、心が折れた。」





って言ったら、「大丈夫、私はさっきコーヒーの粉ぶちまけちゃったから。」





とかぶせてきた。





次にブーツを履こうとしたら、凍って足が入らない。




しまった、バックパックの中身を全部出したので、




ブーツまで外に出してしまった!!





ジェットボイルであぶったりしたが、




なかなか履けない!





もう無理、SOSボタン押して。。。





Jちゃんに手伝ってもらって何とか履けた。





しかし、凍ったブーツは、




スキーのテックビンディングにもなかなかはまらない。





IMG_0626



SOSしてぇ~





今日は、昼過ぎから天気が悪くなる予報じゃったので、





急がねば!!




焦る気持ちがますますビンディングをはめにくくする。




初体験で焦る童貞のようじゃ。




何とかハメて出発!!




しばらくして、最初の難関。





何日か前のスキーの跡があるが、





みんなどこで降りるか迷った模様






そりゃそうだ。




どこから降りてもすげぇ急斜面というか、





崖。



IMG_0519


途方に暮れる。。。







ここが一番降りれそうじゃね?




って、ガリガリの氷が張った、崖の狭いとこを





何とか降りたが、





Jちゃんは、スキーよりもクライミングが得意。



崖からロープで降りることに。




IMG_0502



写真じゃ伝わらない急斜面















さぁ、次はどこを降りるのじゃ?





次の難所は、




雪崩のデブリが散らかった斜面を降りて、




あそこだね。




あ、あの赤い線があるところ?


FullSizeRender


これを楽しめと?







これは、完全なMの遊びじゃ。





まぁ、雪が良ければそれでも楽しいかもしれんが、





ちょっと想像してた斜め上の厳しさ。





IMG_0630

難所を超えてこの笑顔!









Jちゃんが心配していた最後の難所も、




IMG_0636

何とか滑り降りた!!






あとは、クレバスも崖もないから大丈夫よ!!





と、Jちゃんから聞いてひとあんし。。。ん?




IMG_0550

果てしない。。。







IMG_0557

どこまで行くのじゃ?







IMG_0570


あ、氷河の端まできた。








ここが今日の最後の斜面じゃな。





よーし、ここは楽しんで滑れそう!!



が、




雪はコンクリートのように重かった。




しかも、なんか滑りにくいなと思ったら、




ブーツがWalkモードのままじゃった。





そして、こけた。





ようやくHUT(山小屋)が見えた時、

IMG_0576


黒い雲が差し迫ってきた。







急いで、小屋に逃げ込む!!






IMG_0642


山小屋とは思えないクオリティの高さ






そんなことより、腹減った!!








飯、飯じゃぁ!





凍って食べれなかったおにぎりを





IMG_0581



ラーメンにぶっこむ!










IMG_0583




この世のものとは思えない不味さよ。











おにぎりにたんまり入れてた酸っぱい梅干しが





ラーメンの辛さと交わって、何とも言えない





酸っぱ辛さ。






腹が減ったら、何でもおいしい。






山で食べるご飯はうまい。






とかいうが、ここまで不味かったのは初めてじゃ。






お腹を満たしたのと、暖かい小屋に入った安心感で、






プッって、おならが出た時に、






あっ!! もしかして。。。。。







トイレに確認の為に行ってみたら、





IMG_0591


なんだこのペダル?











IMG_0592



踏むのか?












こいつ動くぞ

こいつ、動くぞ!!






そう、ペダルを踏むと、




便器の中のベルトが動いて、






UNKを流してゆくのじゃ。




ニュータイプ便器!!





そんなことより、パンツにUNKついてんじゃ?






たのむ、ついてなかったことに。。。。。。




あぁ、ついてた。。。。




ガラガラと、トイレッとペーパーかき回しながら





パンツを拭こうとしたら、




視線を感じて、見ると。。。





IMG_0593



紙使い過ぎんな(訳



クマと目が合った。










すいません。





一通り、欲を満たしたところで、





山小屋の仕事。





こういう所は水がないところが多いので、







みんなで協力して、外の雪をバケツに入れて、




IMG_0585





なべで溶かす













ようやく落ち着いて、お茶飲んでたら、




Jちゃんが、




「やっぱり私、外でテント張ろうかな?」







え?嘘じゃろ?




今夜はこのまま天候があれたままじゃけど。。。




どうやら、次のスキーガイドの試験に進むには、




1シーズンで、最低でも14泊、




テント泊をしなければならないと言う。




昨日、びしょ濡れになった、




コーヒーぶちまけたテントで寝るの?





何とか説得して、小屋に泊まってもらった。





Jちゃん、何がそこまであなたをハードコアにするの?




山小屋のベットはマットも何もなかったが、




雪と風がしのげるというだけで、




もう何もいらない。




パンツも変えたし、今夜はよく眠れそう。




続く。








私を氷河に連れてって、 2022-04-29 06:10:04 わしじゃけど。




先日の試験も無事に終わった。





人を見て、評価して、人に教えてと。。。





試験期間中は、常に人と接していたので、




孤独を愛する独身モノとしては、





限界じゃった。





さぁ、人気のいないところへGo!!





と言うことで、





ロッキーから12時間ドライブしてやってきたJちゃんと、





Spear Head Traverse.と言う、





ウィスラーでは有名なバックカントリーへ。





天候不順で、日程を延期に延期しての今日。





延期しすぎて、出発地点までの最後のリフトが




IMG_0397

営業終了してた。









他のバックカントリー野郎たちも結構いたが、





荷物の大きさからして、ほとんどが日帰りじゃろう。






IMG_0399巨大なパックを背負って、





出発じゃ!










げ、足が重い。。。






そういえば、シーズン中は忙しくて一度もBCに行ってなかったな。





リフトで甘やかされたわしの足は予想以上に重い。





そんなこと知ったことか?



IMG_0407


と、Jちゃんは遥か彼方へ。。。







ちょ、ちょ、待てよぉ~






キムタクバリの物まねも聞こえないほどに離れてく。






IMG_0412


ガシガシ進むJちゃん。







IMG_0427


お、おまたせ。







地図を見た限りでは、そこまで標高差はないと思っていたが、





とにかく荷物が重い、そして文明に甘やかされた足は遅い。




そして、地図にはない急斜面がいたるところに。。。





これは、スキーを外して登らなきゃね。



とあっさりと登って行ったが、





他のグループの人が、





「え? ここ登るの? 死ぬかも。。。」





IMG_0437



その気持ちわかるぅぅっぅ










いったいどこまで行くのか?




不安になりかけたころ、




「予定していたキャンプ地あそこなんだけど。。。」





と、Jちゃんが指さした山は。。。


IMG_0628


遥か彼方なんじゃけど。。。








あの山を今日中に超えるのは無理。





ここで勘弁してください。





ということで、予定よりもかなり手前で宿泊。






IMG_0461

携帯電話はもちろん通じない。。。








先ずは、明日の行動水兼、夜の湯たんぽ用にお湯を作る。





IMG_0466


こういう時はやはりジェットボイル!!




極寒の環境でもぐつぐつ沸く。








しかし、日が傾き始めて急激に気温が下がってきたので、





IMG_0470



夕飯は各自テントの中で。











湯たんぽ用のボトルに入れた水滴も



IMG_0475




あっという間に凍るほど。










わし、3シーズンのテントに



マイナス0℃用の寝袋で大丈夫か?




まぁ、ダウンジャケット着て寝れば大丈夫じゃな。




その夜。。。





全然大丈夫じゃねぇ。。。。




全部着込んでも、今度は足が寒くて寝れん。




たしか、カマラさんが言っていた




こういう時は、バックパックのモノをすべて出して、





そこに足を突っ込むのじゃと!





これで何とか耐えれそう。




あとは、ツェルトを寝袋の上にかけて保温。




これが、





あの一度は誰もが経験してみたかった、






な、殴ったね!


「雪山で寝たら死ぬぞぉ~!」





心なしか、嬉しそうなブライトさん






ってやつか!!






いや、いや、現実はそんな余裕ないって。






寒さに震えながら、寝る前に作っておいたお茶を





飲みながら、半分凍ったあんパンをかじる。





これで朝までいけるか?





続く。









教えて!グーグル!! 2022-04-28 05:19:45 わしじゃけど。



今シーズン、なんとなく始めたトレーニング。




今まで、まともにスキーを教わったことがなかったので、




すごい新鮮な感覚。




もっと早く教わっておけばよかった。




トレーニングが進むにつれ、






なんか目標あればなぁ。。。





と思ったところに、TD(Trainer Designation)と言う、





スキーインストラクターのコンダクターになれる資格があることに気づいた。




所謂、インストラクター養成コースの教官。




よし、やってみっか?





と軽く始めてみた。





2日間の講習の後に試験。




この試験がなかなかに難しい。(当たり前)





何が難しいって、インストラクターに教える試験なのじゃが、





目の前のインストラクター役は、レベル3を受かった、




全てのレベルのお客様を教えれるインストラクター。





でも、試験の設定はレベル1(初級から中級を教えるレベル)の




インストラクターを教えるというもの。



アセスメント(良い所、悪い所を見つける)のも難しいが、




それを直すためのエクササイズも、レベル1のイントラが





できるレベルのエクササイズでレベル3のイントラを直さなければならん。





言ってることがわからないと思うが、




例えば、調理師学校に入ってきた、ベテランシェフに




卵焼きを教えるようなもの。





片手で卵を割れる人に、「卵を割るときは、両手でね!」って





言うようなもの。





受ける人も、分かっていて、合わせるのじゃが、





レベル3のイントラに、プルークボーゲン(ㇵの字)で




滑る滑り方を教えたり、パラレルターン(足を揃えて滑る)を





教えたりするのは、難しい。





じゃって、




お前ら、できるじゃねぇ~か!!





3回試験を受けたけど、3回とも失敗、





毎回、試験管に、






「オシイ! もうちょっとじゃったねぇ。」






などと言われて、心の葛藤が続くこと3か月。




オシイと思うなら、合格点くれよ!!





昨日の4回目の試験で、ようやく合格。





ようやく受かったわ、と






友達の試験官に報告したら、




「試験官が良い人に当たってよかったね。」って。。。







え? やっぱり試験官によって合否が違うの?





うすうすは感じていたが、




やっぱりそういう側面もあるんじゃ。。。






こういう、ググって誰もが納得する答えが出ない、





人の評価に依存するものは、ほんま難しい。






試験が終わって、明日からは、





JちゃんとSpear Head Traverse.のバックカントリー!






人の目が届かないところに行ってきます。





というか、





しばらく人を見たくない。
トリミングしましょ! 2022-04-21 07:31:51 わしじゃけど。




今シーズンの仕事は終わったが、




来週には、Trainers Designation Examと言う、





いわゆる、スキーインストラクターの養成コースの教官に





なるための試験が控えている。





それと並行して、





試験後に友とBCに行く計画も進行中。





日本にすべて道具を置いてきてるので、





カナダで道具を揃えねばならないが、





ラッキーなことにインストラクター割引きで、





G3の商品を買うことができた。





G3のスキンと言えば、5年前まではGlue(接着面の糊)の




性能が最悪じゃったんじゃが、






ここ数年で見事に改善されたようじゃ。






IMG_0345



早速購入。









IMG_0347



空気に触れると性能が落ちるらしいので、




フィルムが張られてた。







IMG_0351



専用のカッターで





トリミング。








昔、オーストラリア人の友と温泉に行ったとき、






「なんで、日本人は陰毛をトリミングしないの?」







と、不思議がられたことがあったが、








仮性包茎のあなた





そんなこと言われたくない。






と思ったが、なるほど、






AVに感化された漢と思われたくない一心から、






AV男優じゃあるまいし、トリミングなんかするか!






と思ってたが、やってみるとこれはこれですっきりする。






女側の意見は聞いたことないが、






元彼女が剃毛してきた時はびっくりした。






嬉しかったけど。。。








話はそれたが、






IMG_0349




無事にトリミング終了!








わしも慣れてきたよのぉ。。。






と会心の仕事のつもりじゃったが、








これがのちに詰めが甘かったことに気づくのは、





実際のバックカントリーに出た後。






トリミングはしっかりと!!
















古い5件を表示
記事表示:
1-
6-
11-
16-
21-
26-
31-
36-
41-
46-
51-
56-
タイトルを →No順に表示  →更新時間順に表示