注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。
このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、
各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。→連絡先

カナダ・ブログ

カナダに関連するブロガー集まれ!!
カナダ・ブログに登録して、自慢のブログを紹介しませんか?
共通の話題で新しい出会いがあるかも?

No.289

by牛丸優音fromビクトリア/ブリティッシュ コロンビア
穴場も?カナダビクトリア観光におすすめの人気スポット20選を紹介 2024-06-15 04:08:54

カナダのビクトリアは世界中から観光客の集まる人気の都市の一つです。今回はそんなビクトリアの人気おすすめ観光地20選をビクトリア在住者が紹介します!

ビクトリアはバンクーバーからも日帰りで行ける都市なので、カナダの西海岸へ旅行予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事でわかること

ビクトリアの定番・穴場観光地20選

ビクトリアの有名な食べ物

バンクーバーからビクトリアへの行き方

それでは早速みていきましょう。

カナダビクトリア観光におすすめの人気スポット!定番観光地9選

インナーハーバ―(Inner Harbour)

ダウンタウンにある小さいながらも様々な船や水上飛行機が行きかう港、インナーハーバ―。ここは景色がとにかくきれいで、晴れている日はインナーハーバ―の周りに座ってのんびりとするのがとても気持ちがいいです。

インナーハーバ―の周りでは楽器のストリートパフォーマンスをしていたり屋台が出ていたりと海外らしい町並みを味わうことができます。

インナーハーバ―からはウォータータクシーという水上のタクシーホエールウォッチング船に乗ることができます。

ブッチャートガーデン(Butchart Garden)

ビクトリアの最大の観光地としても名高い庭園、ブッチャートガーデン。季節によってみられる花は変わりますが、ローズガーデン・ジャパニーズガーデン・イタリアンガーデンなどの様々なコンセプトの庭を見ることができます。

ダウンタウンからバスで50分ほどかかりますが、ビクトリアに来たなら行く価値ありのスポットです。

フィッシャーマンズワーフ(Fisherman’s Wharf)

海に浮かぶ埠頭、フィッシャーマンズワーフ。ここには数々のシーフードレストランが立ち並び、海の上で食事を楽しむことができます。

特に有名なのがフィッシュアンドチップスで、揚げたての新鮮なフィッシュアンドチップスは絶品です。そのほかにもグリルレストランやジェラート、お土産屋さんもあり、カラフルなので写真映えすることも間違いなしのスポットです。

ブリティッシュコロンビア州議事堂(British Columbia Parliament Buildings)

インナーハーバ―の向かい側に位置する州議事堂も、人気の観光地の一つです。実はビクトリアは島の小さな都市でありながら、バンクーバーなども含まれるブリティッシュコロンビア州の州都なのです。

議事堂前には広場があり、いつも多くの人が寝そべったり写真を撮ったりとくつろいでいます。議事堂の中は勝手に入ることはできませんが、ツアーに申し込むことで見学することができます。

ロイヤルブリティッシュコロンビア博物館(Royal British Columbia Museum)

ロイヤルブリティッシュコロンビア博物館はダウンタウンの州議事堂の隣にある大きな博物館です。

歴史、自然史、先住民の芸術、特別展など様々な歴史を勉強できる展示がされており、ブリティッシュコロンビアの歴史を知りたい方、先住民の芸術作品などを見てみたいという方にはおすすめの場所です。

また特別展では恐竜やストーンヘンジなど、毎回違った特別展示を見ることができます。シアターもあり、映画や自然や人のドキュメンタリーを観ることもできます。

バスチョンスクエア(Bastion Square)

ビクトリアのガバメントストリートにあるエリア、バスチョンスクエア。ここはかつて貿易拠点として栄えたそうでビクトリア発祥の地とされており、今は数々のレストランやパブの立ち並ぶおしゃれなエリアとなっています。

人通りも多く、ハッピーアワーをやっている店では午後14時から17時ごろまでお得にお酒やご飯を楽しむこともできます。

ビーコンヒルパーク(Beacon Hill Park)

とても大きな自然あふれる公園、それがビーコンヒルパークです。春・夏にはお花がたくさん咲いており、カナダグースやカモメ、さらに孔雀といった野鳥をたくさん見られます。さらに野生のリスや鹿も現れ、日本とは違う自然がたくさんの公園を散歩することができるでしょう。

さらに子供向けのふれあい動物園があったり、遊具のある公園エリアがあったり、トーテムポールがあったりと公園内には見どころがたくさんあります。公園を抜けると一面に海が広がり、景色もとてもいい場所となっています。

クレイダーロック城(Craigdarroch Castle)

クレイダーロック城はロバート・ダンスミュアーによって1887年から1890年の間に建てられた城で、非常に歴史ある建築物です。

城内にはお城が建てられた当時の時代の写真や絵、家具、装飾品などが飾られており、当時のビクトリアの雰囲気を味わうことができます。さらに美しいステンドグラスも見ることができ、ビクトリアの歴史探索がしたい方におすすめです。

ホエールウォッチングツアー(Whale Watching Tour)

ビクトリアの夏の観光に欠かせないのが、ホエールウォッチングツアーへの参加です!ビクトリアのダウンタウンからホエールウォッチングに行く船がいくつも出ており、その名の通り、クジラを見に行くツアーに出発します。

筆者は8月に参加したことがありますが、何頭もの野生クジラアシカアザラシなどを見ることができ、かけがえのない経験になりました。海の上は真夏でもとても寒いので、上着の準備は欠かせません。

その他のカナダビクトリア観光におすすめの人気スポット11選!穴場も?

マーケットスクエア(Market Square)

ビクトリアのチャイナタウン付近にある小さな屋外型モールのようなところです。

その名の通り建物によって四角く囲われており、レストランカフェ雑貨屋さんなどが立ち並んでいます。お土産を探したり1階にあるブリュワリーでビールを飲んだり、ビクトリアの歴史のあるモールでお散歩を楽しむのもおすすめです。

ガバメントストリート(Government Street)

ビクトリアのダウンタウンで絶対に行くべきストリートの一つ、ガバメントストリート。お土産、レストラン、パブ、カフェ、ショッピングモール、ジェラートなどなど、なんでもそろうエリアとなっています。まるでヨーロッパのような街並みがとてもおしゃれで、映える写真を撮ることも可能です!

RootsArc’teryxなどのカナダのブランド店やRogersなどのカナダのチョコレート屋さんなどもあるので、お土産探しにもぴったりです。

ガバメントハウス(Government House)

ブリティッシュコロンビア州の高官の公邸です。かつては日本の皇族もこの公邸を訪れており、外国からの要人や王族などの客人を招く場所としても使われてきた歴史ある場所です。

建物内は限られたツアーでのみしか入れないようですが、庭園を散歩したり、コスチュームが展示された小さなミュージアムを見たりすることができます。敷地内の入場・散策は無料です。

チャイナダウン(Chinatown)

ダウンタウンの一角にあるチャイナタウンは、ビクトリアで歴史あるエリアの一つです。赤い大きな門が目印で、街は日本の中華街のように中国らしい雰囲気があふれています。

中華料理屋さんがあったり、中華系のスーパーがあったりと中華街ならではの雰囲気を楽しむことができます。また、ここにはファン・タン・アレー(Fan Tan Alley)という北米で一番狭い路地があります。

人とすれ違うのも大変という細さの路地ですが、中にはお店屋さんも構えており、観光地として人気が高いです。

ハトレー城(Hatley Castle)

X-MENをはじめとする映画のロケ地としても有名なお城です。敷地内にはローズガーデン、ジャパニーズガーデンなど様々なコンセプトの庭園があり、広い敷地内をお散歩することができます。

城内は見学ツアーに参加しないと入場することができません。ダウンタウンからは少し離れていますが、バスで行くことができます。映画好きの方は一度見ておきたい場所かもしれません。

ブレイクウォーターライトハウス(breakwater lighthouse)

ジェームズベイ(James Bay)の先端に、ブレイクウォーターライトハウスという灯台があります。

灯台は長い桟橋を歩いて行った先端にあり、まるで海の上を歩いているかのような感覚を味わうことができます。近くには世界中のクルーズ船が泊まる港もあり、豪華客船を見ることができるかもしれません。

オークベイ(Oak Bay)

img_1902

オークベイはビクトリアの東側に位置するエリアで、海沿いにはビーチ公園カフェなどがあり海が好きな人にはぜひ訪れてほしいところです。

ウィロウズビーチ(Willows Beach)は泳いだり砂浜で寝転んだりするのにおすすすめで、オークベイマリーナでは海辺のカフェで休憩をすることもできます。ビーチドライブ(Beach Drive)という海沿いの道を歩いてダウンタウンまで戻ることもできるので(二時間弱くらいかかりますが)、歩くのが好き、海が好きという方にはおすすめです。

メイフェアショッピングセンター(Mayfair Shopping Centre)

img_9287

ダグラスストリートをバスに乗ってまっすぐ行った途中に現れる中型のショッピングモールです。

カナダブランドのLululemonAritziaOrdinaryの化粧品(SEPHOLA内)などもあり、カナダらしいショッピングを楽しむのにおすすめです。フードコートではギリシャ料理、ホットドッグ、寿司、中華料理など国際色豊かな食べ物を楽しむこともできます。

ミニチュアワールド(Miniature World)

img_7878

ミニチュアワールドはダウンタウンにある小さな博物館です。たくさんのミニチュアのジオラマが展示されており、戦争の様子を描いた歴史的なものや海外の街並み、ドールハウスなど様々なミニチュアが展示されています。

敷地は小さいですが、ミニチュアの作りは非常に精巧で大きいものも多く、見ごたえがあります。雨の日などの室内観光にぴったりです。

ビクトリア大学(University of Victoria)

通称ユーヴィック(UVIC)と呼ばれるビクトリアの大学です。ビクトリアの街にはUVICと書かれたバスが多く走っているので、ビクトリア大学まではとても行きやすくなっています。

キャンパスは広く、まるで小さな街のようです。ビクトリア大学の学生でなくても敷地内に入ることができ、カフェテリア図書館などを利用することが可能です。カナダのキャンパスライフを味わってみるのも楽しいかもしれません。土日は空いているお店が少ないので、平日に行くのがおすすめです。

ウォータータクシー(Water Taxi)

img_2102

インナーハーバ―をはじめとする海の上を走る水上タクシーがあります。インナーハーバー、フィッシャーマンズワーフ、デルタホテル前、ゴージウォーターウェイなど様々な場所に乗り場があるため、海の上からいろいろな場所へ移動することができます。

バスよりも少し値段は高いですが早く移動することができ、海の上を渡るので景色もよく気持ちがいいことがおすすめポイントです。

ビクトリアの有名な食べ物は?おすすめレストラン・カフェも!

アフタヌーンティー

イギリス文化の色濃く残るビクトリアでは、アフタヌーンティーを楽しむことができます。

有名なものはインナーハーバ―の中心に構えるエンプレスホテル内のカフェにあるアフタヌーンティーで、スモークサーモンやサンドイッチ、ケーキやマカロンなどがたくさん乗った豪華なアフタヌーンティーセットを楽しむことができます。

アフタヌーンティーおすすめカフェ

ナナイモバー

ナナイモバーは、バンクーバー島にあるナナイモという都市で生まれたと言われているチョコレートバーです。

チョコレートカスタードココナッツクッキーの三層から作られており、とにかくめちゃくちゃ甘いのが特徴です。カフェやスーパーで売られていることが多いので、ぜひ探してみてください。

ナナイモバーおすすめカフェ

QV Cafe & BakeryRestaurant – QV Cafe & Bakery

フィッシュアンドチップス

海辺の街ビクトリアではシーフードレストランがたくさん立ち並んでいます。その中でもフィッシュアンドチップスは大人気メニューの一つです!

特に先述のフィッシャーマンズワーフではフィッシュアンドチップスのおいしいお店が多いです。フィッシュアンドチップスの魚の定番はタラですが、タラ以外にもサーモンオヒョウのフライなどを使ったフィッシュアンドチップスがあり、どれも揚げたては絶品です。

ビーバーテイルズ(Beavertails)のデザート

img_3167

カナダのオタワ発祥のデザート店ですが、ビクトリアのダウンタウンにも店舗があります。カナダ名物のデザートということで、せっかくなら食べておきたい一品です。

薄く伸ばした揚げパンのような生地に、チョコレートソースやトッピングなどがのった甘いスナックです。甘さは強いですが、味はとてもおいしく、お店の前にはいつも行列ができていです。他にもカナダ名物のプーティーンなども売られています。

地ビール

img_0269

ビクトリアにはたくさんのブリュワリーがあります。お酒好きの人は、ビクトリアならではの地ビールを飲みに行くのもおすすめです。

Phillipsというブリュワリーが一番有名ですが、その他にもBrentwoodHoyneなど数多くのブリュワリーがあり、ビアフライトと呼ばれるビールの飲み比べをすることもできます。缶ビールもたくさん売られているので、お土産にもおすすめです。

ハッピーアワー

お酒好きな人におすすめですが、ビクトリアではあちこちのバーやレストランでハッピーアワーをやっています。主に14時から17時(18時のところも)でお酒やおつまみを安く提供してくれる制度で、軽く飲みたい人はこの時間帯を利用しない手はありません。地ビールワインウイスキーカクテルなど、お店によって安くなっているお酒は様々です。

カナディアンは天気の良い日にパティオでお酒を飲むのが大好きです。ぜひ海の見えるパティオで耀宇井次官からお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?

バンクーバーからビクトリアの日帰り旅行もおすすめ

バンクーバーからビクトリアまでの行き方紹介

バンクーバーからビクトリアは簡単に行くことができ、バンクーバー滞在中の旅行先としてもビクトリアはとてもおすすめです。

バンクーバーからビクトリアまでの行き方は主に2通りあり、バスとフェリーを使う方法と水上飛行機を使う方法があります。

バスとフェリーで行く場合

バスとフェリーを乗り継ぐ場合は、スカイトレインのブリッジポート(Bridgeport)駅からツワッセン(Tsawwassen)港まで出ているバスに乗り、ツワッセン港からスワーツ(Swartz)港行きのフェリーに乗ります。

スワーツ港に着いたら、ビクトリアのダウンタウンまではバスで一本です。所要時間はだいたい4時間ほどかかります。フェリーの乗り方についての詳細は【バンクーバー・ビクトリア】フェリーの乗り方・船内の様子を解説【BC Ferries】の記事でまとめています。

水上飛行機を使う場合

img_3074

水上飛行機に乗る際は、バンクーバーのダウンタウンからビクトリアのダウンタウンまで直接すぐに行くことができます。カナダプレイスから出発し、ビクトリアのインナーハーバ―に着水する小型飛行機で、フェリーよりも費用はかかりますが移動時間をかなり短縮させることができます。

カナダビクトリア観光のベストシーズンは夏!ビクトリアをめいっぱい楽しもう

カナダビクトリアの観光のベストシーズンはやはり夏です。晴れている日が多く日照時間の長い夏は、ビクトリアを思い切り楽しむのに適しています。

シーフード料理やホエールウォッチングなど海に囲まれた街ならではの観光名所がたくさんあり、美しい街並みは日本とはまるで違う世界です。さらにビクトリアに来た際はお土産も忘れずにチェックしましょう!

観光名所として人気のビクトリア。皆さんのビクトリア旅行が楽しいものになることを願っています!

The post 穴場も?カナダビクトリア観光におすすめの人気スポット20選を紹介 first appeared on 里見の留学・旅行レポ.

No.290

byJunkofromその他地域/ブリティッシュ コロンビア
私があまり好きじゃない英語のフレーズ 2024-06-12 04:02:17

英語って日本語より単刀直入に表現できるので基本的に大好きなんですが、
時々、その英語の言い方ってあんなり好きじゃになーっていうのがあります。



続きをみる
No.229

カナダ生活 お酒と共に~モザイク文化の魅力

bycanada sante lifefromトロント/オンタリオ
アメリカ西海岸、シンガポール在住を経て、現在はカナダに移住。
人生の生き甲斐はお酒☆
どこの国でもお酒と共にローカル料理、文化や歴史を学び、生活の知恵をつけています。
トロントを中心にカナダ生活、お買い物スポットやお勧めのお土産、レストランやバー情報、ネイティブ監修のもと活かせる英会話まで、留学生、駐在または移民を検討している方や旅行を予定してる方へとっておきの情報をシェアしながら、少しでもお役立てになれば嬉しいです。
行く価値ありあり!トロント郊外のブルーワリー2選 2024-06-10 02:09:41
家でうっとり
IMG_6263
IMG_6255

少し前の話ですが、牡丹の花を一輪いただきました。
蕾の状態から数日後には手のひらサイズの美しい花が開き、我が家のリビングルームが一気に華やいだのです。美しいだけでなく甘い香りもくれるから罪深いですね。
その圧巻の存在感に憧れを抱いたのはおそらく家族の中で私だけでしょう。

そんな女性になりたいなぁ笑

そんな戯言はさて置き、今日は再びブルーワリーネタと行きましょう。
バレーボールを始めてから試合後のビールが美味しくて(・・・負けても) 缶ビールの減りが速いんです。
トロントGTAのブルーワリーは全制覇する野望がある我が家はなるべく酒屋LCBOで購入するのではなく、ブルーワリーに足を運んで、できればその場でテイスティングをして購入するようにしています。

今日はブログ初登場、トロント郊外のお店を2軒お届けします。


Nickel Brook Brewin g Co.
IMG_6084

トロント近郊、エトビコ Etobicokeとバーリントン Burlingtonに店舗を構えるNickel Brook
先日、Hamiltonまで出かけた帰りに立ち寄りました。
ローカルブルーワリーの中でも中規模クラスで種類も豊富。LCBOでも取り扱っている缶もあるのでご存じの方も多いかもしれません。
IMG_6086
IMG_6091
こちらのAPL (American Pale Ale)なんかはLCBOでも見かける人気のビール
ラベルに惹かれて購入した方もいるのでは?!

IMG_6093
IMG_6092
広い店内でゆっくり飲み比べをするのもよし、
レトロでオシャレなインテリアにもなっているオモチャを囲んでワイワイするのも楽しい♪

IMG_6088
IMG_6090
ビールをより美味しく楽しむ為にはパティオでビアガーデンもおすすめです。
青空の下で飲んだら、確実にカナダの夏に感謝する事でしょう。

IMG_6099
IMG_6100
ビールとの相性100%プレッツェルやフラットブレッドなど軽食もいただけるので、ランチを兼ねて訪れるのがベストかもしれません。この日は時間がなく30分間のリミットがあったのですが試飲もつまみもしっかり取っていましたね笑
Socoor Momと言う小洒落た名前のビールが夏に合いそうだと思いました。

皆さんは是非時間に余裕を持って贅沢な時間を過ごしてください!

続きまして、今度はミシサガへ移動しましょう。


Stonehooker Brewing Company
IMG_6288
IMG_6290

Mississauga ミシサガ・レイクフロント近くにあるローカルブルワーリー
訪れた週末は、たまたまローカルマーケットが開催されて賑わっていました。
お店の前は広々とした芝生で家族連れやワンちゃんと共にたくさんの方が訪れている様子がわかると、地元に愛されているブルーワリーなのが一瞬で感じ取れました。

IMG_6281
IMG_6282
パティオはいっぱいだったので、店内からパティオビューを楽しみながら品定め。
English Pale AleのVictoriaやラガーがよかったです。季節柄ついスッキリ系を選びたくなりますね。

IMG_6286
ここには看板犬がお仕事をしているのも注目すべき点♡
オーナーさんのワンちゃんだそうで店内パティオをくまなく回りながら他のワンちゃんと喧嘩することもなく落ち着いて仕事をこなしていました。
名前は忘れちゃったけど、訪れた際には是非チェックしてみてください。

IMG_6291
長閑な昼下がりに出会った地元の方の癒しスポット
トロントから30分程度で行ける場所なのに観光客気分ではじめちょっとドキドキしました。
マーケットの開催もあって店員さんもとても忙しそうでしたが、私達とも沢山お話ししてくれて嬉しかったです。

IMG_6287
タップルーム隣のボトルショップの壁
こんなに沢山のビールを作ってきたのかな。


最後に

トロント市外に出掛ける時はチャンス!
まだ訪れた事がないブルーワリーに立ち寄るきっかけになっています。
30分もあればビアフライトでテイスティングができるし、地元の方に混じってちょっとした旅行気分も味わえちゃいます。

目指せトロントGTAのブルーワリー制覇!
酒飲み日本人のカナダ移民ブログはまだまだ続きます。

IMG_6083
Nickel Brockの前に訪れたハミルトンでは、Menya Kyu 麺や九の冷凍ラーメンをゲット。
飲んだ後やご飯の準備ができない日に助かる逸品なんですよ♪




☆ブログランキングに参加中です。どちらかにクリックお願いします。


★よろしければ読者登録をお願いします。
カナダ生活 お酒と共に~モザイク文化の魅力 - にほんブログ村

★カナダ生活、カナダ移民、旅行他に関するお問い合わせはこちらまで。
 => canadasantelife@gmail.com


☆カナダで寒天生活はじめませんか。KANTEN CANADAが日本の寒天をお届けします!
LVUF2695 600x300

No.281

by菰原大喜(こもはら だいき)fromバンクーバー/ブリティッシュ コロンビア
うつ病一歩手前だった最近の話 2024-06-06 05:30:28

実は最近、鬱まではいかないけど、生きるエネルギーを失っていた時期でした。

って言ってもすごい深刻という訳ではない。

友達と会っている時はいつも通りなんだけど、一人の時とか仕事している時は、ずっと心にモヤがかかっている感じ。

SNS上では充実してるように見えても、あれは氷山の一角だから。見えない部分では本当に辛い時期だった。


今までも「なんかスッキリしないな」って時はあったけど、大体はそれには理由があって自分でそれを理解して後は寝ればもう大丈夫だった。

ただ今回はなぜこんなに気合が入らないのがわからないし、寝ても飲んでも治らない。

仕事へのモチベーションが全然入らず、何に対してもやる気が出ず、ワクワクもしない、

そんないわゆる”無気力な状態”が数週間続いてた。

まぁ自分でも意外で、てかそんな状態になってる自分が一番びっくりしたというか、

けっこう楽観的な性格でこれまでの人生で色々なことを乗り越えて強くなっていたっていう自負があったから、

精神的にこんなにも長い期間落ちることが自分にもあるのかって。

自分の症状をよく調べてみたところ

これは燃え尽き症候群だったのだと思う。

ちなみに今はもうほぼ通常な状態に戻ってる!

乗り越えた今だからこそ書きたいことがあるし、

海外で精神的に落ちている時にどう乗り越えていけばいいか、

そんな話をしていきます。

燃え尽き症候群とは

まず燃え尽き症候群とは、英語で「Burnout Syndrome」といい、

長期間にわたるストレスや過度な労働負荷によって引き起こされる精神的・肉体的な疲弊状態のこと。

主に仕事や職場環境に関連して発生するが、他のストレス源も原因となることがある。

症状としては

  1. 感情的な消耗:持続的な疲労感やエネルギーの枯渇、やる気の低下を感じること。
  2. 離脱感:仕事や活動に対する興味や関心を失い、無力感や無関心が強まること。
  3. 低い業績感:自己評価が低くなり、仕事の成果や達成感を感じられなくなること。

簡単に説明するとこんな感じの状態で、

自分にとっては、仕事でのストレスというか今まで感じたことのないプレッシャーがかかっていたこと、

そしてプライベートでも色々な問題が起きていたのが原因だと思う。

一番は、生活に関わる重要な物や書類の合計6点が配達中に失踪した事件。

全ての荷物の問い合わせに多大な労力を使い、もう日本に帰ろうかと思ったくらいカナダの配達制度嫌いになった(笑)

てか日本の配達サービスが凄すぎる(笑)

仕事とプライベート両方でのでのストレス。

その積み重ねがあり、その全てが解決した後、

緊張の糸がプツンと切れたかのように、それから全てのやる気を失った

まさか自分が

精神状態に変化を感じたのはとある休日。

仕事も休みで色々楽しみな予定もある。

けどなんかワクワクしない。心にずっとモヤがかかって世界が暗くなっていく感覚。

せっかくカナダで生活してるのに、楽しいって感情がない。

でもまぁそんな時もあるかとその時は気にせず明日には気持ちも晴れているだろうといった感じだった。

しかし、その精神状態になってからではもう手遅れだった。

日を追うごとに心にかかっていたモヤは濃くなっていき、

今までやっていた英語の勉強やブログを書くこと、新しく始めたインスタのアカウントの更新もなにもかもやりたくないという状態。

そしてめっちゃ寝てるのに寝足りない。

自分の部屋から出るのに時間がかかる。

寝る前や仕事中などの変なタイミングで心拍数が上がるなど、

これはもしかしたらなにか自分の中で異常なことが起きてるかもしれない。

俺に限って精神的に病むなんてありえない、でも確実になにかがおかしい。

こんな感じで変に自信があった自分には受け入れ難い現実だったけど、これは真剣に向き合った方がいいかもしれないと、

GoogleやChat-GPTを使って調べていった。

そして判明した、自分のこの症状はどうやら燃え尽き症候群なのだと。

一応ちゃんと仕事には行けてるし、うつ病まではいってない、

おそらくこれは軽度の燃え尽き症候群だ。

まさか自分がこうなるなんて。。。

真っ先に浮かんだのはこの言葉だった。

自己療養する日々

正直、燃え尽き症候群など自分には程遠いような病気だと思っていた。

「うつ病は誰にでも起こりうる」ってことは頭ではわかっていたものの、まさか自分が同じような症状になるなんて思っていなかった。

信じがたいがこれが現実だ。自分は大丈夫だなんて思っていたのが間違いだった。

ネットで調べたり、他の人の経験談から察するに、まだ自分の症状はだいぶ軽い方。

今からちゃんと療養すればまだ間に合うと思い、今の自分の状態を受け入れて、回復することに専念した。

ダラダラする時間を肯定する

まず取り組んだことは、“なにも頑張らないこと”

今までは、空き時間は「なにか有意義に時間を使わないと」であったり、「なにか自分の為になることをしなきゃ」と自分に厳しく接してきた。

でも今回は一旦、全てのスイッチを意図的に切ることにした。

仕事がない時はベットの上で思いっきりダラダラする。

自分の好きなYouTubeやNetflixをずっと見る。

そして眠くなったらできるだけ寝る。

ここで一番大事なのは、そんな自分を肯定すること。

今はゆっくりしてていい。回復中なんだからなにも頑張らなくていいっといった具合に。

自分に厳しくしてる人や高い目標を追いかけている人ほど、この症状にはなりやすいんじゃないかと思う。

疲れたと思ったらとにかく「なにかしなくちゃ」という感情を捨てる。

できるだけのんびり生活して、そんな自分を許してあげる。

最大限に自分を甘やかす。

厳しく接してきた分、甘やかす。

やっぱり人間はアメとムチなのだと実感。

環境を変える

なにか行き詰まったり変化が欲しいときは、環境を変える。

一番よくやっているのは、

“部屋のレイアウトを変える”

ベッドの位置とか棚の位置を変えてみる。それだけで毎回スッキリしたような気持ちになるから。

部屋のレイアウトの変化がストレスレベルや全体的な気分に影響を与えるということは科学的に証明されているらしい。

お金と時間に余裕があれば引越しをしてもいいし、いつもは行かない場所へ行ってみるのもいい。

そんな余裕がなければ小物の位置を変えるとかでもいい。

とにかく日常のなにかを変えてみる。

僕の場合は運良く最近、オフィスが移転になって働く場所も変えることができた。

日常で生活する部屋や働く場所を変えることは精神的にとてもいい影響が出たと思う。

新しいオフィスビル!

遊ぶ予定も入れてみる

これは気分が乗らないのなら、無理して人に会わなくてもいい。

けど自分の場合はたまには人と遊んで気分を紛らわしたかった。

というか楽しいという感情を取り戻したかった。

これまたすごく運がいいことに最近は友達と飲んだり出かける予定が定期的にあった。

いつも休日は一人で過ごすことが多いけど、なぜかこの時期は予定があり、誘ってくれた友達には密かに感謝してる笑

その時に友達に相談してもいいし、しなくてもいい。

自分の場合は、なにかと人に弱ってる自分を見せることが苦手で、

普段はわかりやすく感情が顔に出るのに、なぜか大丈夫なフリをするのだけはすごく上手い。

不器用すぎて上手く人に甘えることができないのが自分の永遠の課題。

そこらへんの生き方は本当に下手だと思う。

だから人と遊ぶ時には別に打ち明けることはなかった。

(治りかけの時は何人かには言ったけど)

ただただ楽しいという感情になりたかっただけだから。

自分としてはそれで良かったと思ってる。

ネガティブな意見はスルーする

ネガティブな意見というのは他人からもそうだし

自分の中から湧いてくるネガティブな意見をスルーするということ。

「メンタル弱いからこんな状態になるんだ」とか「この程度で落ち込むなんて」という声。

弱っている自分に追い打ちをかけるように、自分の悪魔が攻撃してくる時もある。

それによって自己嫌悪が増幅していく。

自分はこんなにも弱いのかと。

こんな声を完全にかき消すことは難しいけど、必死にネガティブな感情を抑え込んでいた記憶がある。

そして実際にこの経験で改めて感じたのは、

この症状を引き起こすのはストレスの積み重ねだということ。

少しづつ積み重なっていって気づいた頃には自分のキャパシティが満帆になっていて、

最終的にちょっとしたことで溢れ出して限界を越える。

だから他人から見ると、「この程度で落ち込みすぎ」って見えるけど、

実際はもう限界値に達していて、ちょっとしたことがトドメの一撃になる。

他人にはわからないから無意識に攻撃的な言葉をかけられることもある。

その時は、頑張って聞き流そう。なんとか自分を守ろう。

最後に

自分の場合は、すごく幸運なことに、たまたまオフィスの移転で働く環境を変えられたり、

たまたま遊ぶ予定が入っていたりしたから回復が早かったんだと思う。

症状が軽かったということもあるけど、普通回復には数ヶ月かかることもある中で、数週間で済んだ。

そして自分が経験したからこそ自信を持って言えることは、

燃え尽き症候群やうつ病といった精神的な病は誰にでも起こりうるということ。

そして、どんなに最悪な状況に陥ってもそれは一生続くわけではないということ。

当時自分の中で、もう一生立ち直れないかもしれないと恐怖で眠れない時もあった。

カナダにいる意味も無いけど日本に帰国しても人に会いたくない。この先の生きてて意味あるのかなとすら思った。

でもちゃんと自分と向き合って、必死に回復する道を探して、今はちゃんといつも通りの自分に戻れた。

そして心身ともに健康でいることがどれほど幸せかをより一層感じるようになった。


どん底を味わった後には必ずポジティブな時期がやってくる。自分のタイミングというのが必ずくる。

これは海外生活を通じて一番身に染みて感じたことだ。

なにもかも上手くいかない時期はある。

それをちゃんと受け入れて、向き合って、ちょっとくらい立ち止まってもいい。

自分のペースで、自分の走り方でゴールを目指していければいい。

立ち止まったり遠回りしたり迷ったりしたからこそ見える景色もあると思う。


なにかを頑張るのも、なにかを成し遂げるのも、まずは精神的な健康が一番重要。

心は日々サインを出している。けど忙しすぎるとそれに気づかないことが多い。

今なにか挑戦している人、目標に向かって頑張っている人、日々のストレスに耐えながらなんとか生活している人、

状況は人それぞれだけど、目まぐるしい日々の中でもちゃんと心の声に耳を傾けることは忘れないで生活して欲しいなと思います。

最近心の病を経験しなんとか乗り越えた自分からのメッセージでした。`

No.279

Rainbow Travel Log

byNIkafromバンクーバー/ブリティッシュ コロンビア
カナダのフランス バンクーバーからケベックとモントリオールの旅 ② 2024-06-01 11:50:05

Hi
Nikaです!
今回は前回の続きのバンクーバーからケベックとモントリオールの旅 パート2をお届けします!
旅行3日目はケベックからモントリオールへ移動し日帰り観光をしました!実際にどのように移動したか、何を行ったかお伝えできればと思います。それではLet’s Go!

前日までの様子はコチラから!

3日目の日程はコチラをご覧ください!

モントリオールへ向かう列車VIA鉄道

さて3日目は朝から列車に乗ってモントリオールへ向かいます。
今回使用した列車は「VIA鉄道」です。この列車はモントリオールへ行くほかにトロントやバンクーバーへ行くものもあり、カナダ全土にわたって運行しています。日本でいう新幹線のようなものです。こちらに乗車するには事前にチケットを予約をしましょう。チケットの種類は普通の物からビジネスクラスチケットもあります。ビジネスクラスの特典としては、電車へ優先乗車、食事の提供、大きい荷物の持ち込みが可能などがあります。私はエコノミークラスのチケットを使用しましたが、もしご興味があれば使用してみるのもいかがでしょうか?
チケットはコチラのサイトから購入可能です!

今回行きで乗車したのは新型車両でとてもきれいで乗り心地もよかったです。
8:30頃列車が出発!
車内では軽食やドリンクの販売もあり小腹がすいたら購入してみるのもいいかもしれません。今回私は前日のうちにパン屋さんでクロワッサンを購入していたのでそれを朝食にしました。また飲み物も乗車前に駅の構内でオープンしていたカフェで紅茶を購入しておいたもの飲んで過ごしました。ちなみに車内ではUSBポーターがあったので形態などの充電することも可能です。

VIA列車座席
少しぼやけていますが座席はこのような感じです。向かい合わせ以外にも2人席もあります。

モントリオール・ノートルダム大聖堂へ

さて約3時間半の長旅を終えて12:00前にモントリオール中央駅へ到着しました。
到着した後すぐにノートルダム大聖堂へ向かいました。今回私がモントリオールへ来た一番の目的はここです。この大聖堂は通称「モントリオール・ノートルダム大聖堂」(Notre-Dame Basilica)といいます。1824年から1829年にかけて建設され、ゴシック復興様式で設計されています。この大聖堂は、カナダで最も有名で美しい教会建築の一つとされています。

モントリオール・ノートルダム大聖堂
モントリオール・ノートルダム大聖堂  今回訪れた際は工事中でした、、、

内部は非常に壮麗で、色鮮やかなステンドグラスが光を美しく散りばめ、聖書の物語を描いています。また、彫刻や木彫りの装飾が施された大聖堂内部は、深い青と金色で彩られ、幻想的な雰囲気を醸し出しています。特に、大聖堂の祭壇背後の星空のような青い天井は、訪れる者を魅了します。

ノートルダム大聖堂は、その美しさだけでなく、音楽イベントや結婚式など、様々な文化活動の場としても利用されており、地元のコミュニティだけでなく観光客にとっても重要なスポットとなっています。また、1994年には、カナダを代表する歌手セリーヌ・ディオンの結婚式が行われたことでも知られています。
中を見学する際はチケットが必要で当日窓口で購入も可能ですが混雑していると時間がかかってしますので事前に購入することをおすすめします。
チケットはコチラから購入可能です。

Exploration game: Montreal and Prohibition - Montreal - Tickets | Fever
Discover Montreal and its history during Prohibition! Buy your tickets!

実際に中に入ってみるととても広く圧巻の一言でした。まずは行ってすぐ目に入るのは真っ青な祭壇です。しかしこの場所はメインなので後ほどお伝えしましょう。
祭壇の両側の壁にはステンドグラスがあります。こちらはモントリオールの全身であるヴィルマリーの街の歴史が表されています。とても細かいディテールで何度も見ていました。また、ところどころに、ろうそく(電子式)の火を灯す場所があり、お布施をする事により灯すことができるようです。ちなみにカードでも支払いでした。その他にも神父様の説教台があり、こちらの装飾が落ち着いた大聖堂内の雰囲気に合っておりとても美しかったです。

これらの装飾を見た後祭壇の前へ到着!目の前で祭壇を見ると迫力が凄かったです。これまでいくつか大聖堂へ行きましたが全く違うものでした。一言でいうと「壮麗」です。写真に納まらないくらい大きな祭壇で細かい部分まできれいに装飾されていました。ライトアップされて輝く祭壇には金色の装飾が施されており、宗教画『イエスの磔刑』を立体的に表現しています。中央で十字架にかけられるイエスの像を中心に、聖母マリアやマグダラのマリア、ヨハネなどの信者たちが配され厳かな雰囲気を漂わせています。

モントリオール・ノートルダム大聖堂 祭壇
モントリオール・ノートルダム大聖堂祭壇

祭壇の真ん中下部には木彫りで「最後の晩餐」を表した彫刻がありました。
天井にある無数の金でできた星空を見るのをお忘れずに!青い天井と金色の星野コントラストがとても美しかったです。
また祭壇の反対側には巨大なパイプオルガンがあります。
このパイプオルガンは、その壮大さと音の美しさで知られています。このオルガンは1891年にカサヴァン社によって製作されました。その後、複数回にわたる改修を経て、現在では約7000本のパイプを持ち、その音色は大聖堂の内部に響き渡ります。オルガンの設計は、ゴシック復興様式の大聖堂の内装と調和しており、見た目にも非常に美しい作りとなっています。特に、精巧な木彫りの装飾が施されたオルガンケースは、芸術作品としての価値も高いです。オルガンの音域は広く、深みのある低音から、クリアで天上のような高音まで、幅広い表現が可能です。このパイプオルガンは、定期的にコンサートやリサイタルで使用され、一般の方でも演奏を聴くことが出来ます。今回このオルガンの音色を聞きに来聞くためにミサへ参加使用をと思ったのですが、平日に行われるミサでは演奏されないようです。もしご興味がある方は土日に行われるミサへ参加をお勧めします。また、こちらでは夜に大聖堂内で行われるプロジェクションマッピング「AURA」というショーがあります。こちらのショーでは実際にパイプオルガンの演奏が行われるそうです。お時間がある方は是非参加してみてください!
「AURA」のチケットは下記から購入可能です!

L’expérience AURA à la basilique Notre-Dame de Montréal - Billets | Fever
AURA est une expérience immersive de sons et lumières, signée Moment Factory, à la basilique Notre-Dame de Montréal. Achetez vos billets maintenant !

先ほどミサに参加する予定とお伝えしましたが、今回は参加できませんでした、、、。お伝えした通りパイプオルガンの演奏を聴ける!と思っていたのでミサの時間まで大聖堂内で待機していたのですが、時間になっても始まらず、、、。近くにいた日本人の観光客の方も待っていたようで、お互いになんでだろ、、、って思っていたところその方がスタッフの方に聞いていただいたようでミサは奥の礼拝者専用の教会で行われているとのことでした!中を見学中に祭壇の奥まで行ったとき閉鎖されていたのでなにがあるのかと思ったらミサをお行っていたようです。誰でもこのミサへは参加できるようです。もしかしたら、閉鎖されている場所に立っていた警備員さんに伝えれば入れたかもしれません、、、。(惜しいことをしました、、、)もし行く機会があったら是非参加してみてください!

モントリオール・ノートルダム聖堂 · 110 R. Notre Dame O, Montréal, QC H2Y 1T1 カナダ
★★★★★ · バシリカ

昼食を食べに元銀行のCrew collective & cafeへ

さて、大聖堂の見学を終えてお昼休憩を取ろうと近場にあるカフェを散策しました。カナダに来ていいなと思ったのはカフェの数が多いこと!今回はノートルダム大聖堂から徒歩約5分「Crew collective & cafe」に行きました。こちらのカフェは1920年代に建てられた旧カナダロイヤル銀行の建物を使用したカフェで、高くそびえる天井と大理石の床すべてが重厚で美しい内装でした。店内はワーキングスペースやミーティングルームもあり仕事をするのにもぴったりです。こちらではコーヒーなどのドリンクの他に、クロワッサンなどの焼き菓子、ベーグルなどが販売されていました。(少しお値段はお高めでした、、、)

Crew Collective & Cafe · 360 Rue Saint-Jacques, Montréal, QC H2Y 1P5 カナダ
★★★★☆ · カフェ・喫茶

オシャレなカフェ「DEPANNEUR CAFE」へ

さて、お腹も膨れたところで再度街中の散策をします。
このオールドモントリオール自体はそこまで大きな町ではないので徒歩で回ることが出来ました。特に目当てのお店もなかったので気になったお店を手あたり次第は行ってみました。初めに行ったお店は”DEPANNEUR CAFE”です。ここはカフェでもあり雑貨、食品、そしてちょとした軽食が販売されていました。店内、おとてもかわいらしく店内で使用されている家具がアンティークでとても居心地がよかったです。ここではポストカードを購入しました。ほかにも気になったものたくさんありましたが、これからまだ街を見て回る予定だったので時間あれば再度来ようと思いました。

Le Petit Dep - Café et produits locaux · 179 Rue Saint-Paul O, Montréal, QC H2Y 1Z5 カナダ
★★★★☆ · カフェ・喫茶

派手な靴屋さん「John Fluevog Shoes Vieux-Port」

お店を出て街を歩いていると何とも派手な靴が飾られていました。気になったのでお店に入ってみると色とりどりの靴がありました。靴の形も普段行くお店では見られないようなものが多くありました。このお店はバンクーバーのダウンタウンにもある店でそちらのお店にはいったことがかなかったのでまさかモントリオールではいると思いませんでした(笑)。中でも私が気に入ったのはデニムでできた靴でチェック模様でとってもおしゃれでした!(ただお値段は手が出せませんでした汗)

John Fluevog Shoes Vieux-Port · 180 Rue Saint-Paul O, Montréal, QC H2Y 1Z8 カナダ
★★★★★ · 靴店

お土産を買うのにぴったり!「Bonsecours Market」

お店を出て再度歩き回っていると大きな建物が見えてきたので入ってみました。中にはお土産屋さんや昔の貨幣売っているお店などがありました。ちょうどポストカードをもう一枚買う予定だったのでお土産さんをみてるとここが1番安く売っていました!ポストカードをお求めの方は是非この機会にこちらへ!店員さんもとてもやさしい方でしたので何か質問があれば聞いてみてください!
貨幣を売っているお店では日本の江戸時代の貨幣なども売られていました。撮影が禁止だったので写真はありませんがまさかカナダでみれるとは思いませんでした(笑)

Bonsecours Market · 350 Rue Saint-Paul E, Montréal, QC H2Y 1H2 カナダ
★★★★☆ · ショッピング モール

モントリオールから日本へポストカードを投函!

さて、このモントリオールで購入したポストカードを使用して日本の実家へカードを送りました!
私はどこか旅行に行ったら必ずポストカードを購入してできればその都市から送るようにしています。
その場所から送ることで消印がその土地の物になるので記念になりますのでもし時間があれば皆さんもやってみてください!ちなみにカナダから日本へ送る際の切手代は”CAD2.71”です。Canada Postに行けば切手を購入できます。下記に実際に実家に送ったときの消印を載せました!モントリオールの消印はチャイナタウンのカルディ・シノワが描かれていました。ケベックのポストカードはケベックで送ったので消印がシャトー・フロンテナックが描かれていました。

プーティンの発祥のお店「LA BANQUISE」へ!

皆さんはプーティンという食べ物をご存じでしょうか。プーティンとはモントリオール発祥のポテトにグレイビーソースと粒上のチーズをかけたものです。モントリオールだけでなくカナダ全土で食べらている人気の郷土料理です。
今回その発祥のお店がモントリオールにあるとのことだったので実際に食べてみました。バンクーバーでは何度か食べたことがあるのですが正直重たくて途中で飽きてしまい苦労して完食しました(笑)。お店の名前は「LA BANQUISE」です。このお店はモントリオール中央駅からバスまたは電車に乗って向かいます。徒歩でも行けると思いますが、あまり時間がなかったので電車を使用しました。電車は駅で券売機で購入しました。チケットの種類がいくつかありましたが、今回はこのレストランに行くだけでしたので2 trip(2回券) を購入しました。

お店に着くとテイクアウトの列とイートインの列がありました。店内は混雑していたのでもし店内で食事をする場合は並ぶかもしれません。私たちは今回テイクアウトをして帰りの電車の中で食べました。サイズは2種類あり今回は大きい方を注文しました。小さいサイズは1~2人と記載がありましたが、見た目が小さく感じたので大きい方にしました。注文したのは一番オーソドックスな「La Classique」にしました。ほかにもベーコンが乗っかいるものなどもあり迷ってしまいました。料金はCAD17.25+taxでした。実際に食べてみたところ、思っていたほど重くなく最後まで飽きずに食べることが出来ました。商品を受けたとったとき重さに驚いてこれ食べきれるかなと感じましたが、問題ありませんでした。もし、食べてみたい方は実際に入れ物の大きさを確認して食べれそうなものを選んでください!

La Banquise · 994 Rue Rachel E, Montréal, QC H2J 2J3 カナダ
★★★★☆ · ファースト フード店

VIA列車に乗ってケベックへ帰還!

さて列車の発車時間が近づいてきたので初めのモントリオール中央駅へ向かいました。列車の出発時間は18:30発の予定でしたが遅延で1時間遅れた為19:00出発になりました。駅では乗車する人で行列ができていました。席は予約していましたので並ばなくても座ることが可能ですが、到着後すぐの出発だったため遅れて乗れなくなったら怖ったので並びました。
さて列車に乗ったら3時間半の列車旅です。帰りに乗った列車は旧型の列車だったため行きより古い感じがしました。ですが変わらずUSB充電が可能でした。車内で先ほど買ったプーティンを食べましたがちょっと冷めてしまいました(笑)次回買う機会があればお店で食べていこうと思います。
当初の予定時間より約30遅れの22:30にケベックに戻ってきました。
そのまま歩いてホテルに戻りつつ途中でシャトー・フロンテナックへ行き夜のライトアップを撮ってみました。昼間の様子とは違い建物が浮き上がっているようでした。ただこの時期はとても風が強く手が凍るかと思いました(笑)。


さて今回はケベックからモントリオールへの日帰り旅行でしたが私にとっては十分でした!一緒に行った友人は別行動でモントリオール美術館に行ったそうですが全部を見切れなかったようなので美術館等を見たい方はもう1日か数日現地で滞在することをおすすめします。
それでは次回はオールドケベックの1日散策の様子をお届けします!

それではSee You Again!

前日までの記事はコチラ↑

4日目の記事はコチラ↑

The post カナダのフランス バンクーバーからケベックとモントリオールの旅 ② first appeared on Rainbow Travel Log.

古い5件を表示 新しい3件を表示
タイトルを →No順に表示  →更新時間順に表示