注意事項:当サイトのコンテンツをご利用いただく全ての方は、利用規約に同意したものとみなします。
このサイトの掲示板は情報交換やコミュニケーションが目的で設置されています。投稿内容の信憑性については、
各個人の責任においてご判断下さい。全ての投稿において、投稿者には法的な責任があることをご認識ください。
また、掲示板上で誹謗・中傷を受けた場合は、速やかにサイト管理者までご連絡をお願いいたします。→連絡先

カナダ・ブログ

カナダに関連するブロガー集まれ!!
カナダ・ブログに登録して、自慢のブログを紹介しませんか?
共通の話題で新しい出会いがあるかも?

No.234

アラサー女のカナダ留学

byたてのり
カナダ、カルガリーについて気の向いた時に書いています。
日記というよりは誰かの役に立てばなという情報を書いています!まだまだ投稿少ないですが、ゆっくり今後も書いていきます。
ブログを更新する
Canmore Grassi lakes 2020-12-09 10:19:56
キャンモアの軽くハイクに丁度いい
グラッシーレイク照れ


キツくない30分程のハイクの後に見えるのは
エメラルドグリーンの澄んだ湖✨✨














ついついどこから、どの角度からが
1番綺麗に撮れるのか何枚も撮っちゃう酔っ払い酔っ払い酔っ払い


コロナ禍の夕方に行ったのでほぼ人もいなくて
写真撮り放題
コロナ the flip side 2020-08-23 06:34:40 海外生活で生活は一変


コロナで更に一変


そんな中で私に少し好都合だった点





カナダでハンドタオルは必要ない雷

どこに行ってもペーパータオルかドライヤーがある

カナダ人の友達は濡れたタオルを鞄にしまって
また使うのは不衛生だと言っていました。

でもティッシュは鼻かんでからポケットに収納
何回か使ってたの知ってるよニヤニヤ




リップクリーム(乾燥酷いから)とiPhone
だけでお出掛け可能

クレジットカードもケータイに登録して
キャッシュレス決済
たまにタップでの決済ができないところもあるから
そういうところではクレジットカード自体が必要




バッグ不要


コロナでは仕事、家に篭るため英語を話す機会
マスクで英語話されると余計聞き取れない伝わらず
自信喪失
スノーボードで春に移り変わる大好きなシーズン
色々な物を失った

家族を失った人もいる



社会的にもちろんマイナスな影響が大きいけど



家族時間を持てた人、仕事のやり方を見直せた人
などプラスな変化があった方も。




そんな中あたしに好都合だったのは

扉を脚で開けてもOK!

元々脚癖が悪い?がさつ?だから
ついついやっちゃうけど、今はウィルス対策ぽい


1番はもちろん
バンフの夏を例年より少ない観光客の中
楽しめたこと!

5月までスノーボードの予定だったのが
スキー場が閉まり興味のなかったハイキングを始め
素敵な景色を見れたこと
そのハイキングの中で出会いがあったこと!


まだ終わったことじゃないけど
コロナはみんなにとって何かしら
見直すきっかけになったことは間違いない










日本帰国 ~空港情報~ 2020-08-16 05:02:27 これから日本帰国を考えている方の
参考になればと思います。

8月の頭にカナダ
日本帰国 2020-08-15 07:16:19 だいぶ書いていなかったですが
コロナ影響で観光客が少ない
バンフを堪能していました。



ですが、ワークビザも切れ働けない
日本に帰らなければならない理由もあり
今月頭に帰国しました。



私が帰国する前に成田羽田空港情報を
調べてもあまりなく困りましたので
少しでもこれから帰国するための方になればと
この記事書かせて頂きます。




カルガリー→バンクーバー→東京✈️
で帰りました。
バンクーバーからですと今のところ
夕方または夜日本着になります。

JAL,ANA, Air Canadaが動いていました。



自宅からは羽田の方が近いため
(ANAマイラーのため)
羽田着予定でしたが


SNSや知人情報で
羽田空港ではPCR検査後の検査結果待ちが
空港のことが多く
長距離移動後空港泊になることが考えられました。


またホテルに泊まった方も舞浜での
ホテル待機だったらしく、自宅から遠ざかります。




そのため成田着で帰ることになりました。

①ホテルで寝れる可能性が高いこと
②航空券が安かったこと

が理由になります。




カルガリー→バンクーバーはウエストジェット✈️
バンクーバー→成田はJAL✈️

での移動でした。



ウエストジェットはおよそ40-50%の乗客率
JAL便は乗客数1桁でした。

CAさんや、パイロットなど私たちの為に
飛行機を飛ばす為に働いてくれている
JALスタッフの方が多く搭乗している。


というVIP待遇での帰国となりました。



機体はそのままジャンボのため
多くの座席が余っており
(1桁乗客なら小さい機体でも余る)


席移動も可能、寝る際は真中の4列シートで
寝そべってもらって構わないと
行ってくださいました。


元々足元の広い窓側最前席(エコノミー)を
指定していたのですが
最前席は肘置きが固定のため広く使えない!


ということでお言葉に甘え
睡眠時は4席、別のシートを使わせて頂きました。


荷物も多くても足元に置けない最前席ですが
隣もいないため、その席にシートベルトで鞄を固定し
身の回り品をわざわざ頭上のキャビネットから
出さなくてよかったので助かりました。


CAさんたちからの待遇は本当に厚く
安い航空券を買っていたので
逆に申し訳ない気分にすらなりました。


全員のCAさんが自己紹介に来てくれるという
まさにVIP待遇でした。


しばらく飛行機に乗ることもなければ、
こんな状況の飛行機に乗ることは一生ないと思うので
貴重な体験でした。




空港待ちのことも書く予定でしたが
長くなってしまったので
別記事に書かせて頂きます。



家族のあり方 2020-03-27 09:02:12 コロナ騒動で、思った事というか思い出した事。


このコロナでスキー場もお店も一時閉店が相次ぐ。

スキー、スノーボード 目的で来ているオーストラリア人は続々帰国。
あたしもバンフにいても仕事も、スノーボードも何もない。帰ろうか?とも思うけど、カナダ人ではない私達には2020/6/30まで海外からの入国が難しそう。


一応ビザがあれば入れるようにする予定らしいが、それがいつからかはまだ発表されていない。

もし仕事が再開できるのならその時にはカナダにいたい。と、もやもやする。



そこで思ったこと、私が働きたい理由


①第一にもちろん自分の職場、仲間が好き。

②英語を話したい。日本人シェアハウスにいるから仕事なしだと英語いらない。


ファーストランゲージが英語の人には②の理由で残ることはないんだよな〜とふと思った。


職場のアコモに入ればよかったんだけど、仕事と家とで毎日同僚に会うのはなんとなく嫌なんだよ真顔


プライベート必要

そして英語セカンドランゲージのお友達も帰国し始めた。

何もないより、家族と時間を過ごしたいって。


それって日本人にはない感覚だなと思った。
家族も友達も大事だけど、家族と今この時間を過ごさなきゃとは思わない。。。



カルガリーでの語学学校で


A: I have not seen my family for 6 months 

B:You (        ) miss your family 

確かmight/must/couldからの選択制


という空白を埋める問題で迷わずmightを選んだ、日本人2人。韓国人も選んでいたような…

ただヨーロピアンやメキシカン、サウスアメリカン達がmustを選び討論に。



Bの心理なんて私達には分からない、ただ長いことあっていないから『寂しいかもしれない』というのが私達の意見。


ただ半年も会っていないんだから『寂しいに間違いない』というのが他の国の人の意見。



大半の日本人は1年程度家族に会っていなくても、寂しさを感じない気がする。
会いたいな〜ってぼんやり思ったりはするけど。


(そもそも相手がどう思っているかなんて相手次第で分からないっていうところも論点。)


ただそこで思ったのが、日本人って冷血?



なのに子供は親(母親)が面倒を見るべきという概念が未だに捨てきれずに、母親は自由な時間が持てない。
子供が小さいのに親だけがデートや外泊なんてのも、周りからの目を気にしがち。

海外ではベビーシッター雇ったり、爺婆に預けたりって結構普通な気がするのになー。


って少し矛盾に思った。




あ、ちなみにカナディアン先生の答えはmust でした。ニヤニヤ




そういえばイタリアは友人家族との集まりが頻繁にあって、キスハグ文化があるからコロナが広がっちゃったなんて言われてるみたいね。。。



自宅軟禁状態で暇だぁー!!!!!笑











古い5件を表示
記事表示:
1-
6-
11-
16-
21-
タイトルを →No順に表示  →更新時間順に表示